人身事故に切り替え

物損の交通事故だけど慰謝料を支払ってほしい、と思ってもそのハードルは相当高くなります。しかし、方法がないわけではありません。具体的にどのような方法なのかということですが、物損事故を人身事故に切り替えるという方法になります。例えば車同士の衝突などで最初は車にしかダメージがないと思っても、後日体が痛くなるようなことは多々あります。事故直後は緊張状態にあるため平気ですが、少し経つと体のあちこちに痛みが発生してくるということはよくあることです。このような場合には物損事故から人身事故に切り替えることができます。また、必ず人身事故になっているか確認を怠らないようにしてください。

ケガをしている場合,警察へ事故の報告は必ず「人身事故」として処理されているかを確認してください。

診断書人身事故に切り替えるためには手続きが必要となりますが、それほど難しいことではありません。病院で人身事故に切り替えるための書類が必要だと伝えると診断書を作成してくれますから、あとは事故の処理をしてもらった警察署に行き人身事故に切り替えたい旨を伝えます。人身事故になれば慰謝料の請求もできるようになりますが、できるだけたくさんの慰謝料が欲しいとなると弁護士をあいだに挟むのがもっとも効果的です。弁護士をあいだに挟むと保険会社との交渉もしてくれますし、弁護士基準が採用されるため慰謝料も高くなりがちです。

物損事故の慰謝料

物損事故そもそも物損事故とはどのような交通事故のことを指すのでしょうか。交通事故は大きく分けると人身事故と物損事故の二つに分けることができますが、人身事故というのは文字通り死傷者が出てしまうような事故のことを指します。一方の物損事故は自動車や物品にのみ被害が及び、身体には何の被害もないというような状態です。では、物損事故において慰謝料が認められるかどうかということですが、基本的には物損事故で慰謝料の請求が認められることはほぼありません。原則認められないとなっていますし、請求しても受け付けられないことがほとんどです。

ただ、あくまで原則として認められていないというだけで絶対に認められないわけではありません。実際、過去には物損事故に絡む慰謝料が認められたケースもありますし、裁判でそのような判決が出たこともあります。少ない判例ではありますが、実際こうしたこともありますから絶対に物損事故での慰謝料が認められないということではないのです。ただ、極めて高いハードルであることは事実ですし、慰謝料の請求が認められるケースは相当少ないのも事実です。これまでに請求が認められてきたのも例外中の例外のようなものですね。

交通事故の慰謝料

交通事故と慰謝料は密な関係にありますし、事故の被害者になったときには慰謝料の請求を行うことがほとんどです。慰謝料というのは精神的な苦痛に対する賠償金のことで、交通事故以外にもさまざまなシーンで発生しています。よく知られているところでは不貞行為によって受けた精神的苦痛に対する慰謝料でしょうか。不貞を働かれてしまうと大きな精神的ショックを受けてしまいますし、その苦痛に対する賠償金として慰謝料を支払う必要があります。

慰謝料交通事故でも事故によって精神的な苦痛を受けたとなると慰謝料が発生するのですが、果たして物損事故でも慰謝料は発生するのでしょうか。例えば、自分が何よりも愛して大事にしてきた愛車が事故によって廃車になってしまった、精神的な苦痛を受けてしまったという場合には慰謝料の請求はできないものでしょうか。恐らくこのような考えを抱いたことのある方は少なくないでしょうし、車好きの方だと特にそうではありませんか?

物損事故の被害に遭った場合だと車の修理代などを請求することはできても慰謝料についてはどうなのでしょう。このサイトではそんな些細な疑問にお答えしたいと思います。交通事故の種類の中でも物損事故は決して少なくありませんし、いつ誰が被害に遭うかも分かりません。慰謝料の請求ができるのならしたいでしょうし、知識として知っておくのは有効です。少しでも気になった方はぜひ今後の参考のために目を通してください。