物損事故の慰謝料

物損事故そもそも物損事故とはどのような交通事故のことを指すのでしょうか。交通事故は大きく分けると人身事故と物損事故の二つに分けることができますが、人身事故というのは文字通り死傷者が出てしまうような事故のことを指します。一方の物損事故は自動車や物品にのみ被害が及び、身体には何の被害もないというような状態です。では、物損事故において慰謝料が認められるかどうかということですが、基本的には物損事故で慰謝料の請求が認められることはほぼありません。原則認められないとなっていますし、請求しても受け付けられないことがほとんどです。

ただ、あくまで原則として認められていないというだけで絶対に認められないわけではありません。実際、過去には物損事故に絡む慰謝料が認められたケースもありますし、裁判でそのような判決が出たこともあります。少ない判例ではありますが、実際こうしたこともありますから絶対に物損事故での慰謝料が認められないということではないのです。ただ、極めて高いハードルであることは事実ですし、慰謝料の請求が認められるケースは相当少ないのも事実です。これまでに請求が認められてきたのも例外中の例外のようなものですね。