人身事故に切り替え

物損の交通事故だけど慰謝料を支払ってほしい、と思ってもそのハードルは相当高くなります。しかし、方法がないわけではありません。具体的にどのような方法なのかということですが、物損事故を人身事故に切り替えるという方法になります。例えば車同士の衝突などで最初は車にしかダメージがないと思っても、後日体が痛くなるようなことは多々あります。事故直後は緊張状態にあるため平気ですが、少し経つと体のあちこちに痛みが発生してくるということはよくあることです。このような場合には物損事故から人身事故に切り替えることができます。また、必ず人身事故になっているか確認を怠らないようにしてください。

ケガをしている場合,警察へ事故の報告は必ず「人身事故」として処理されているかを確認してください。

診断書人身事故に切り替えるためには手続きが必要となりますが、それほど難しいことではありません。病院で人身事故に切り替えるための書類が必要だと伝えると診断書を作成してくれますから、あとは事故の処理をしてもらった警察署に行き人身事故に切り替えたい旨を伝えます。人身事故になれば慰謝料の請求もできるようになりますが、できるだけたくさんの慰謝料が欲しいとなると弁護士をあいだに挟むのがもっとも効果的です。弁護士をあいだに挟むと保険会社との交渉もしてくれますし、弁護士基準が採用されるため慰謝料も高くなりがちです。